approach 今井るるの政策

「未来」を見据えて、安心して「いま」を生きられる政策の実現
~誰もが人生に価値を見出し、互いを尊重し支えあって生きられる社会の実現~

新型コロナウィルスへの対応を最優先

  1. 病床・療養施設の確保のため、資金的・人的サポートを強化します
  2. 感染者受入医療機関・医療従事者に対する経済的支援を行います
  3. 収入・売り上げが減った個人・事業者への給付を進め、失業者の再就職のサポートなどを進めます

将来を見据えて、安心して暮らし・働く環境づくり

  1. 生活困窮者・子どものいる低所得者世帯への生活支援・給付強化します
  2. ひとり親など職業訓練についての給付金の増額します
  3. 非正規雇用の待遇を改善し、ワーキングプアをなくし、安心して働き暮らすことのできる賃金を確保します
  4. 中小企業の事業継承、地域の強みを生かした起業支援を強化します

すべての子どもを社会全体で育て、支援する仕組みづくり

  1. 出産・子育てを社会全体で支え、子どもの貧困、特に親から引き継がれる貧困の連鎖を断ち切ります
  2. すべての子どもの学びを保証し、学校に限らず多様な公教育の拡充により地域間や所得による教育格差を是正します
  3. 児童虐待を防止し、地域とのつながりや心のケアに重点を置いた連携を強化します
  4. 経済的な理由で進学を諦めることがないよう、高校・大学の学費値下げや授業料に対する給付型の奨学金の拡充します
  5. 保育士や教職員など教育にかかわる人の待遇を改善し、待機児童を解消します

誰もがイキイキと暮らせる持続可能な社会保障と医療体制の拡充

  1. 医療・介護・教育が連携することで、地域全体で高齢者を支える仕組みづくりと老々介護・ヤングケアラーの支援体制を強化します
  2. 公共交通への支援や自動運転など新しい技術により高齢者の移動の足を支えます。
  3. 介護・医療に携わる人の待遇改善と介護離職の防止、ICT・ロボットなどの新しい技術を介護・医療の現場に導入します。
  4. 持続可能な社会保障制度のために、制度改革に取り組みます。
  5. 予防医療・リハビリテーションを充実させ、日常での健康づくりをサポートします

多様な価値観を尊重し、いくつになっても挑戦できる社会へ

  1. 誰もが生きやすく多様な価値観を尊重した社会をつくるために、様々な形で市民の声を政治に届ける政治参加の促進と主権者教育を行います
  2. 多様な生き方・価値観の変化によるニーズの変化にきめ細やかに対応できる行政サービスと地域活性化のための地方自治体の権限移譲を行います
  3. 多世代がともに暮らし支えあうための地域コミュニティ・NPO活動の支援と地域の受け皿づくりを進めます
  4. 人への投資の拡充、特に性別や所得、年齢を問わず自己実現やスキル向上ができる人材育成支援制度とリカレント教育制度を推進します

防災・減災対策と自然との共生社会の実現

  1. 未曽有の大災害を想定した防災・減災の体制整備をすすめるとともに、防災施設や河川の整備、老朽化したインフラの修復と耐震化・長寿命化を行います
  2. 学校給食の有機化など学校での環境教育と食育を推進し、環境と経済を両立できる持続可能な社会について学ぶ考える機会を増やします
  3. 自然環境・生物多様性保全と国土保全の持続可能な両立と調和を図ります
  4. ペットの殺処分ゼロ・アニマルウェルフェア向上を推進します